一体型エネルギー貯蔵システムが様々な分野で広く応用されているのはなぜですか。

一体化エネルギー貯蔵システムは、多種のエネルギー貯蔵技術を単一プラットフォームに統合するエネルギー貯蔵システムである。他のエネルギー貯蔵システムよりも高い電力密度とエネルギー密度を提供するため、広く使用されています。次にSNJOはAESの利点と応用を検討する。


一体型エネルギー貯蔵システムとは

一体化エネルギー貯蔵システム(AES)は集積エネルギー貯蔵システムであり、電池、インバータ、制御システムなど、必要なすべてのエネルギー貯蔵モジュールを含む。それらの利点のため、それらは様々な応用に広く応用されている。

統合エネルギー貯蔵システムの利点

1.設置が容易

必要なコンポーネントはすべてエネルギー貯蔵システムに含まれているため、各コンポーネントを個別に購入してインストールする必要はありません。これにより、従来のエネルギー貯蔵システムよりも一体型エネルギー貯蔵システムのインストールが容易で迅速になります。

2.拡張性

一体型エネルギー貯蔵システムは、より多くの電池モジュールを追加したり、既存の電池モジュールの容量を増やしたりすることで容易に拡張でき、高い拡張性を持つことができます。この柔軟性により、小規模住宅、大規模商業産業、その他のアプリケーションを含むさまざまなアプリケーションに最適なシステムになります。

3.貯蔵エネルギー

一体化エネルギー貯蔵システムは、電気エネルギー、化学エネルギー、熱エネルギーなどの様々な形式のエネルギーを貯蔵できる装置であるため、停電中に様々なユーザーに予備電源を提供することができる。

4.長期使用

一体化エネルギー貯蔵システムは単一のエネルギーを合理的に制御することができ、長期的に使用することができる。

5.安全性と信頼性

一体化エネルギー貯蔵システムはBMS技術を採用し、より安全で信頼性の高いものにした。

一体化エネルギー貯蔵システムの応用

1.電気自動車

一体型エネルギー貯蔵システムは車両電池からの電気エネルギーを貯蔵し、それをモーターの駆動に用い、電気自動車をより効率的に省エネにする。

2.太陽エネルギーシステム

一体型エネルギー貯蔵システムは太陽エネルギーシステムにも用いられる。このシステムは昼に太陽エネルギーを貯蔵し、夜に太陽光がないときに放出する。これにより、太陽エネルギーを最大限に利用し、石炭や天然ガスなどの伝統的なエネルギーへの需要を減らすことができる。

3.貯蔵エネルギー

一体型エネルギー貯蔵システムは、風力タービンおよび水力発電ダムからのエネルギーを貯蔵するためにも使用することができる。また、ピーク時に電力網に電力を供給するために、低ピーク時に電力網の余分なエネルギーを蓄えるために使用することもでき、電気料金を節約することができます。

従来のエネルギー貯蔵システムと比較して、一体型エネルギー貯蔵システムは多くの利点があるため、広範な応用の中で使用されている。詳細については、お問い合わせください。