FAQ

エネルギー貯蔵システムは、電気エネルギーを他の形式に変換して貯蔵するシステムであり、必要に応じて貯蔵したエネルギーを電気エネルギーに変換する。一般的な貯蔵エネルギーの形態には、化学エネルギー(例えば電池)、機械エネルギー(例えばスプリング、フライホイール)、熱エネルギー(例えば熱水貯蔵エネルギー)、電磁エネルギー(例えば容量、インダクタンス)などが含まれる。

エネルギー貯蔵システムは、次のようなさまざまなアプリケーションに使用されます。
•電力網の需給をバランスさせ、ピーク時の電力需要を満たすピーク谷負荷差を格納する。
•変化する電力需要に対応するために、オフラインで発電し、再生可能エネルギーの変動を円滑にする。
•エネルギーコストを削減し、電力品質を向上させるための家庭用または商業用。
•電気自動車の航続距離と充電効率を向上させるための電気自動車。

利点:
•電力の信頼性と安定性を高め、エネルギー供給を安定させる。
•電力負荷と電源の差異をバランスさせ、エネルギー効率を向上させる。
・遠隔地へのネットワーク環境における信頼性の高い電力供給。
•エネルギーコストを削減し、エネルギー効率を向上させる。
短所:
•エネルギー貯蔵システムのコストは比較的高く、建設には大量の投資が必要である。
•異なるエネルギー貯蔵技術は異なるエネルギー密度と効率を持ち、実際の状況に応じて適切な技術を選択する必要がある。
•一部のエネルギー貯蔵技術には環境と安全上の問題があり、適切な計画と管理が必要です。
現在、当社の製品はエネルギー貯蔵システムに存在するほとんどの問題を解決しています。

一般的なエネルギー貯蔵技術には、次のものがあります。
•電池貯蔵技術:例えばリチウムイオン電池、鉛酸電池、ニッケル水素電池など。
•機械貯蔵技術:例えばフライホイール貯蔵、スプリング貯蔵、圧縮空気貯蔵など。
•熱エネルギー貯蔵技術:例えば熱水貯蔵、蓄熱器貯蔵など。
•容量貯蔵技術:例えばスーパーキャパシタ。

ポータブル屋外電源は、屋外や遠隔地にいるときに、ACコンセント、USBポート、その他のコンセントを介してさまざまな電子機器に電力を供給する充電可能な電池に電気エネルギーを蓄える装置です。

ポータブル屋外電源は、次のような幅広い用途で使用されています。
キャンプやハイキング、電灯、携帯電話、その他の電子機器を使用します。
電力網へのアクセスが制限されているか、アクセスできない緊急事態。
電力の限られた屋外イベントやコンサート。
電源スピーカー、グリル、その他のデバイス、または屋外パーティのフォローアップ。

利点:
携帯に便利です。
遠隔地や停電中の電子機器に電力を供給する。
太陽電池パネル、自動車充電器、AC電源コンセントなど、さまざまな電源で充電できます。
さまざまなデバイスに同時に電源を供給できます。

私たちに連絡してください。

Phone : +86-571-63850363
Email : snjo@saintishtech.com